京都の観光 旅行 グルメ イベント アイテム ビジネス お土産 クーポン などの京都情報をお届けします。掲載無料!

京都佛立ミュージアム

  • HOME »
  • 京都佛立ミュージアム


 

外観写真

 京都佛立ミュージアムは、2012年(平成24)7月、京都北野に誕生した小さな仏教のミュージアムです。
「千年の都 京都の町で 生きた仏教に出会う」をテーマに、現在進行形の、今を生きる人びとのための生きた仏教をご紹介する企画展を開催しています。
 21世紀の寺子屋・生涯学習支援プログラム「テラコヤスコラ」では「○○×仏教」というテーマの様々な講義、毎月25日には「ほんもんさんアート市」という京都で人気の手作り市を主催し、地域の方々の憩いの場を目指しております。
 日本にいても仏教のことを何も知らない人も増えつつあります。ぜひ京都にお越しの際はお立ち寄りいただき、 観光ではない仏教も学んでみませんか?
 広く明るいロビーには、 小さなお子様連れ、車椅子でも安心してご利用いただける高機能トイレや授乳室、休憩所も完備しています。
 また無料でご利用いただける談話室2室、会議室1室もございます。地域の皆様のサークル活動や趣味の教室、体験学習などにも、お使いいただいております。
どうぞ、 お気軽にお立ち寄りください。

ミュージアムエントランスの庭園ステージ「鳴滝」

line_ajisai

京都佛立ミュージアムのオススメ

無料貸し出しの談話室

 当ミュージアムには国宝級の仏像や絵画の類はございません。
しかし、今なお人の心を癒す「生きた仏教」の展示をお楽しみいただくことが出来ます。京都に数ある仏教寺院の美しい庭園や建造物、静かに微笑む仏像が「静寂の仏教」とするなら、当館でご覧いただけるのは今この時も動きを止めない「躍動の仏教」です。
 時は幕末、激動の大変革期。形骸化した仏教は、戸惑う人々に寄り添うことなく、衆生救済という本来の使命を見失っていました。
 しかし、この京都の地に後世「幕末・維新の仏教改革者」と呼ばれる一人の僧侶がいました。その名は長松清風。
清風は、民衆の手に仏教を取り戻し、人々の苦悩の中で生涯を過ごしました。その人柄や才能は、当時の京阪で知らぬ者がないほど魅力に溢れていました。
 当ミュージアムでは、幕末に匹敵する混乱期を迎えた現代だからこそ、「生きた仏教」を体現した清風の視点で、古くて新しく、シンプルな幸せの価値観をご紹介します。見応えある様々な企画展を開催しながら「生きた仏教」をお見せしてゆきます。
 長松清風と生き続ける仏教の姿をご観覧いただき、多くの方々と共に心豊かな世界への扉を開くことができればと思っております。

館内ギャラリースペースのレイアウト一例写真

line_ajisai

京都佛立ミュージアム アクセス

【営業時間】
平日10~16時・土日祝10~17時

【所在地】
京都市上京区御前通り一条上る東竪町110

【電話番号】
075-288-3344

【公式URL】
http://www.hbsmuseum.jp

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 2015 京都情報サイト くるっと京都 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.